(MODX) cFromMailer でセレクトボックスの選択によってメールの宛先を変更する

MODX のスニペット、「cFormMailer」で、フォーム中のセレクトボックスの選択肢によってメールの宛先を変更したくなったのでその方法をメモします。

といっても Github のドキュメントそのままではありますが。

フォームのリソース

[!cfFormMailer?&config=`cfFormMailer`!]

cFormMailer 本体を呼び出すリソース(フォームのひな型などの親リソース)は変更なし。

フォームテンプレート

<select id="formSelect" name="fselect">
    <option value="プルダウン" selected="selected" sendto="testmail1@example.com">プルダウン</option>
    <option value="ドロップダウン" sendto="testmail2@example.com">ドロップダウン</option>
    <option value="セレクトボックス" sendto="testmail3@example.com">セレクトボックス</option>
    <option value="コンボボックス" sendto="testmail1@example.com">コンボボックス</option>
</select>

フォームのひな型。ここは各選択肢にsendtoという属性を加えます。sendto属性の値は振り分けたいメールアドレスを記述します。

セレクトボックスのサンプル(フロント側)
セレクトボックスのサンプル(フロント側)

ちなみにこのフォームのセレクトボックスですが……

セレクトボックスのサンプル(コード)。`sendto`で既述したアドレスはフロントには露出しない模様
セレクトボックスのサンプル(コード)。`sendto`で既述したアドレスはフロントには露出しない模様

上記で追記したsendto属性はコードを確認したところ露出していませんでした。これならばアドレスがバレることもなさそうです。

チャンク

# 送信先動的変更
# 選択肢によって送信先を変えるselectフィールド名またはradioフィールド名を指定
dynamic_send_to_field = fselect

# dynamic_send_to_field = # Origianl

cfFormMailer 本体を呼び出すときに指定する設定のチャンクも Github のドキュメント通りに上記セレクトボックスのname属性を記述するだけです。


これで動作確認し、きちんと振り分けが機能していることを確認しました。

参考

この記事を書いた人

アバター

アルム=バンド

フロントエンド・バックエンド・サーバエンジニア。LAMPやNodeからWP、Gulpを使ってejs,Scss,JSのコーディングまで一通り。たまにRasPiで遊んだり、趣味で開発したり。