XAMPP のSSL証明書をアップデートする(`http-proxy` のエラーは解決できず)

経緯

前記事http-proxy(node-http-proxy) を使用して PHP と .htaccess の挙動を確認することができました。

ついでに https アクセスに対応しようとしたところ、 Error: certificate has expired のエラーで怒られてしまいました。

[XX:XX:XX] Starting 'browsersync'...
[Browsersync] Access URLs:
 ---------------------------------------------------------------
       Local: http://localhost:3000/PATH/TO/APP/
 ---------------------------------------------------------------
          UI: http://localhost:3001
 ---------------------------------------------------------------
[Browsersync] Serving files from: ../../../
[XX:XX:XX] 'browsersync' errored after 2.52 s
[XX:XX:XX] Error: certificate has expired
    at TLSSocket.emit (events.js:315:20)
    at TLSSocket.EventEmitter.emit (domain.js:505:15)
    at TLSSocket._finishInit (_tls_wrap.js:938:8)
    at TLSWrap.ssl.onhandshakedone (_tls_wrap.js:696:12)
[XX:XX:XX] 'default' errored after 6.5 s

## 略

証明書の有効期限切れとのことなので確認してみます。

XAMPP v3.2.2 SSL証明書のキャプチャ
XAMPP v3.2.2 SSL証明書のキャプチャ

2019/11/09 ……エラーの通り、確かに切れてしまっています。

対処

早速 XAMPP のSSL証明書を更新します。やり方は以下の記事を参考に。

設定変更

まずは openssl に関する設定変更をするので、記事の通りに xampp/apache/conf ディレクトリにある openssl.cnf ファイルを openssl-san.cnf としてコピーして内容を編集します。

## 末尾に以下を追記

[ SAN ]
subjectAltName = @alt_names

[ alt_names ]
DNS.1 = localhost

証明書の発行

openssl コマンドを叩くので、 bash 系のコマンドラインが良いとのこと。手近にあるのは Git Bash なので、これで実施します。

~
$ cd xampp/apache/conf

xampp/apache/conf
$ openssl req \
>     -newkey     rsa:4096 \
>     -keyout     my-server.key \
>     -x509 \
>     -nodes \
>     -out        my-server.crt \
>     -subj       "//CN=localhost" \
>     -reqexts    SAN \
>     -extensions SAN \
>     -config     openssl-san.cnf \
>     -days       3650

新しい証明書と秘密鍵ファイル
新しい証明書と秘密鍵ファイル

これでコマンドを実行した xampp/apache/conf ディレクトリ下に有効期限が3650日分の証明書(my-server.crt)と秘密鍵(my-server.key)のファイルが生成されました。

証明書・秘密鍵ファイルの配置

生成した2つのファイルを移動します。

  • my-server.crt: xampp/apache/conf/ssl.crt
  • my-server.key: xampp/apache/conf/ssl.key

Apache の設定変更

上述のファイルを Apache で使用するために xampp/apache/conf/extra/httpd-ssl.conf を編集します。

## 略

#SSLCertificateFile "conf/ssl.crt/server.crt"
SSLCertificateFile "conf/ssl.crt/my-server.crt"

## 略

#SSLCertificateKeyFile "conf/ssl.key/server.key"
SSLCertificateKeyFile "conf/ssl.key/my-server.key"

## 略

証明書と秘密鍵のファイルの指定を変更するだけです。

これで Apache を起動。

新しい証明書のキャプチャ
新しい証明書のキャプチャ

適当に https://localhost/ 等でアクセスして、証明書を確認。約10年後の証明書が表示されたので大丈夫ですね。

確認

SSL証明書を更新したので、 Error: certificate has expired は出なくなるはずです。ということで再度トライ。

[XX:XX:XX] Starting 'browsersync'...
[Browsersync] Access URLs:
 ---------------------------------------------------------------
       Local: http://localhost:3000/PATH/TO/APP/
 ---------------------------------------------------------------
          UI: http://localhost:3001
 ---------------------------------------------------------------
[Browsersync] Serving files from: ../../../
[XX:XX:XX] 'browsersync' errored after 2.32 s
[XX:XX:XX] Error: self signed certificate
    at TLSSocket.onConnectSecure (_tls_wrap.js:1496:34)
    at TLSSocket.emit (events.js:315:20)
    at TLSSocket.EventEmitter.emit (domain.js:505:15)
    at TLSSocket._finishInit (_tls_wrap.js:938:8)
    at TLSWrap.ssl.onhandshakedone (_tls_wrap.js:696:12)
[XX:XX:XX] 'default' errored after 6.08 s

## 略

今度は Error: self signed certificate で怒られてしまいました。

確かにdocsavoid self-signed certs と書いてありましたが……。

オレオレ証明書を使いつつ https アクセスする、という方法が見付からなかった(し、元々使っていた gulp-connect-php で可能なことが分かった)ので、 http-proxy を使用しての https 化は没となりました。

参考

この記事を書いた人

アバター

アルム=バンド

フロントエンド・バックエンド・サーバエンジニア。LAMPやNodeからWP、Gulpを使ってejs,Scss,JSのコーディングまで一通り。たまにRasPiで遊んだり、趣味で開発したり。